CT検査とは

CTではX線を使い体内の断面像を得る検査です。MRIに比べ撮影時間が短く(1~15分程)、広い範囲の撮影が行えます。
特に胸部では優れた検出力をほこり、胸部レントゲンでは捉えられない早期の肺がんもチェックすることが出来ます。
  • CTの肺がんドックでは優れた検出力が期待されます
  • 副鼻腔撮影では炎症部位や骨もしっかり描出出来ます

CTの注意事項

CT検査ではX線を利用し撮影を行うので、妊娠の可能性がある方や妊娠中の方は事前にお申し付けください。また、X線によりペースメーカー等の精密医療機器が誤作動する可能性もあるので、こちらの患者様も事前にお申し付けください。

CTの検査時間

CTの撮像時間は通常1~15分程と大変短いですが、検査前に問診や準備等がございます。時間に余裕をもってお越しください。

造影CT検査について

当医院では造影検査は行っておりません。ご了承ください。

検査の準備

撮影範囲内にプラスチックや金属、シップ等がある場合画像の乱れの原因となります。検査着に着替えやすい恰好でお越しください。

検査の前処置

・腹部検査を受けられる方は来院前3時間のご飲食はお控えください。
・骨盤腔検査の方は、膀胱を尿で満たした状態が検査時好ましいです。
(来院1時間前に排尿をされた方は約300ml程の水をお飲みになってからお越しください)

当医院のTOSHIBA社製 4列CT装置と撮影画像