脳ドック検査とは

お勤めの会社やお住いの市町村で毎年、心電図や胸部のレントゲンで心臓や肺のチェックをなさっている方は多いと思います。
しかし、身体で最も重要な器官である脳の検査を定期的に行っている方は少ないのではないでしょうか? 
脳ドックは脳疾患のリスクを早期発見と予防を目的とした検査です。

当院の脳ドック検査の特徴

  • ご希望に沿った脳ドックのコースをご用意

    お勤めで忙しい方は、出来るだけ短時間で検査や説明を受けたいと考えられていると思われます。当院の脳ドックには各種コース
    をご用意しております。当日説明が受けられレポートを後日郵送するサービスも行っています。また、物忘れが気になる方や動脈
    硬化当が気になるので、更に詳しく調べたい方向けのコースもございます。
    ↓↓各コースの詳しいご説明はクリック
  • ベテランの脳神経外科専門医の説明

    脳神経外科専門医が、撮像したMRI画像のご説明をいたします。画像を一緒に見ながらご説明致します。気になるご質問も豊富な
    臨床経験から詳しくご説明することができます。

コースのご説明

Aコース
基本コース
19,800円(税別)
約60分
Bコース
もの忘れ
チェックコース
25,000円(税抜き)
約80分
Cコース
フルコース
35,000円(税抜き)
約100分
脳MRI検査

多種の撮像法を用いて脳の状態を調べます。この検査で脳梗塞、脳腫瘍、微小出血の有無、脳萎縮の度合いなど、脳の病気の早期発見が可能です。

> 詳しく見る

脳血管MRA検査

造影剤を使用せず、磁気の力を利用して脳血管の状態を調べます。この検査でくも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の有無、動脈硬化による血管の狭窄などがわかります。

> 詳しく見る

認知症特殊解析検査

物忘れが気になる方に推奨しています。三大認知症の2つである「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」を早期診断支援システム「VSRAD」を用いてMRIで撮像します。

> 詳しく見る

頸動脈MRA検

脳血管に血液を送る大事な血管「頚動脈」を造影剤を使用せず、磁気の力を利用して撮像します。脳梗塞の予備軍となる血管の狭窄などを調べます。

> 詳しく見る

頸動脈エコー検査

超音波装置を使って頸動脈の撮影、測定などを行ないます。この検査で脳梗塞の大きなリスクとなる血管内腔病変(プラーク)の有無、全身の動脈硬化の進行具合などがわかります。

> 詳しく見る

当日説明
レポート後日郵送
当日説明
レポート後日郵送
後日説明
説明時レポート渡し

MRI検査の注意点

以下の項目に該当される方はMRI検査ができない場合がありますので、お申し出ください。
☑ 心臓ペースメーカーがある。
☑ 脳動脈瘤クリップがある。 
☑ 妊娠の可能性がある。
☑ 入れ墨のある方。 
☑ 手術等で体内に金属、義眼、磁石式義歯、歯科矯正がある。
☑ 閉所恐怖症の方。

脳ドックのご予約方法

脳ドックは完全予約制です。
お申し込みはお電話または当院受付窓口にて直接お申し出ください。